2017年2月19日日曜日

基板加工機 その6

 
前回アクリル板を削ってみましたが失敗でした。アクリルが切削の熱で溶けて刃物に巻き付いてしまったのです。何か冷却のための手段が必要だなと思っていたところ、こばたいしょうさんから「水をちょっとつけて冷却」とのアドバイスをいただきました。切削といえば切削油と思っていたので、水の発想はありませんでした。
ということで、早速やってみました。

ものは何でもいいので、もう一度これを使います。


今回ちょいと工夫するのはこの部分。
このウィンドウのボトム高さのオフセット値を設定します。この値は、輪郭を削って目標の形状(今回は上の図)を母材から切り出すときに、母材の厚さを超えて捨て板に切り込む深さを設定するものです。以下の設定では、5mmの母材から輪郭を切り出すときに5,4mmの深さまで彫り込むということです。このオフセットを設定することで切削物を首の皮一枚残すのではなく、完全に切り離すことができます。これと前回設定したタブ機能、すなわち「切削物が母材から離れて暴れないようにつながっている部分をちょっと残す」という機能を併用してうまいところ切り出すことを試みます。


シミュレーションして問題ないことを確認して、


切削をしてみます。切り込みが無事に終わったところで、


洗瓶で水を置きます。


動画で。例によって大音響注意です。


水は切削粉でどんどん濁っていきます。


一つ目のポケット加工が無事終わりました。ティッシュで水を吸い取ると切削粉の塊が残ります。順調に次の加工に移ります。


すかさず水を供給。


動画で。三連発です。



順調に輪郭に入りました。最後まで行けそうです。


ここでミスが一つ。先に設定したタブとオフセットですが、タブの厚さを0.35mm、オフセットを-0.4mmに設定していました。0.35mm残すんだけど、いつもより0.4mm多めに削ってね、という命令ですから、当然タブは全部削られてしまいます。というか、正確にはオフセットされた底から0.35mm残す加工をしているはずですが、そこには母材が無いということです。ということで、当然ですが途中で外れて「ガッ!」という音がしました。あわてて止めたところ。なんかぐちゃぐちゃですが、果たしてどうなっているでしょうか。


水で洗って切削粉を流したところ。
 す ば ら し い 
完璧な出来です。


もう一枚。わかりますかね。


輪郭部分。きれいです。


こちらは水浸し(笑
でも水ですから拭き取れば終わりです。これが油だと考えると掃除がすごい大変なことになります。


こちらは捨て板の切り込み部分。このどこかにタブが作られているはずです(笑


前回作ったMDFのものと並べてみました。形状は若干違いますが、輪郭は同一です。


改めてアクリルの切削部拡大。


角部分。きれいです。0.5mmピッチの切り込みの跡もほとんどわかりません。


ポケット加工の底もきれいです。向こうが透けるくらいきれいな面ができています。
素晴らしいです。


ちなみにこちらはMDFの同じ部分。こちらも十分にきれい。


全体。


レーザ加工と違って深さ方向の切削は垂直ですから、きれいに立ちます。


いや実に面白いです。
こばたいしょうさんのアドバイスでこんなにきれいなものができました。こばたいしょうさんまことにありがとうございました。

自作3Dプリンタ その9

 
少しずつ進んでおります設計です。しばらく前にヒーターが届きましたので、その部分を図面に加えます。モノはこちら。


一辺225mmの正方形。12Vと24Vに両対応できるようになっております。


さて、図面に加えるには寸法がわかればそれでいいんですが、ここはリアルなイメージを追及します。まずできるだけ真正面から写真を撮影します。


これをfusion360に図面化した板状のコンポーネントにデカール機能で貼り付けます。
ね、ただの板に比べて一気にリアル感が出るでしょ。


せっかくなのでレンダリングしてみます。現物写真のようなリアル感です。


ベッドのサイズゲ実物大になりましたので、ベッドを支えるリニアガイドのサイズも手持ちのものに合わせます。ここで使うリニアガイドはよく見る形とは少し違っています


手持ちのリニアガイドの長さは280mmです。現物に合わせて図面のレールも変更します。今まで描いていたよりも60mmくらい長いです。


Y軸周りの使用部品のサイズが決まりましたので、可動範囲を調べておきます。


ベッドはY軸に乗っており、4つのリニアブロックで支えられています。一本のレールに二つのリニアブロックが乗っていることになります。このリニアブロックがガイドレールから脱線しない範囲がY軸ベッドの可動範囲ということになります。
この時、二つのブロックの距離を離すとステージの安定性が増します。これは自動車で言うならばトレッドとホイルベースが大きな車体に相当します。が、ブロックの距離を離すと一定長さのレールに対する可動範囲は減っていきます。たとえば、レールの長さが300mmの時、ブロックの端と端がヒーター幅いっぱいの225mm離れているとします。この場合は可動範囲は75mmしかありません。75mm以上動かそうとするとどちらかのブロックがガイドレールからはみ出してしまいます。
反対に、ブロック同士をいっぱいに近づけると、安定性は下がりますが、可動範囲は増えます。
実際にやってみましょう。下の図はブロックを最も近づけた状態です。Y軸を横から見ています。


まずブロックをいっぱいに左端まで出します。そして、この位置を0点としてどこまで右に動かせるか見てみましょう。


右端まで動かしたときの移動距離は160mmというところです。ベッドのサイズは220mm四方ありますが、Y軸方向は160mm程度の造形が最大値ということになります。
ステージサイズから考えるともう少し動かしたいところですが。これ以上ブロックを詰めることはできず、またレールも手持ちのものを活用したいと思っていますので、まずはこれでいいことにします。ブロックの位置も最も狭くなることで決定です。
無駄があるようにも思われますが、これまでの経験からも、それほど大きなものをプリントしないので十分でしょう。


レールに合わせてフレームサイズも変更します。


今回の進捗。
これで3軸ともにサイズが決まりましたので、ここまでの状態でフレームを注文して試作してみたいと思います。

買ったもの

 
ラッチ付きのカシメレンチが思いのほかいい感じでしたので、XHコネクタ用のカシメペンチを購入しておりました。先週届きましたので早速使ってみました。
荷物はこちら。ずっしりとしております。


これ。同じような感じの包装です。


仕上がりは悪くないように見えます。グリップがやや滑りやすいかなと思いますが、レバーのがたもなくしっかりとした作りです。


5万円以上の価格の日圧のこちらに比べるとコンパクトで、価格は1/10以下というものです。これでちゃんと使えたら儲けもんです。


今私が使っているのはエンジニアのこやつです。PAシリーズのサイズ違いを二つ持っております。これも4000円くらいします。
日圧の高いやつとエンジニアの違いは作業性にあります。日圧のものは被覆を向いた電線とコンタクト、そして被覆の押さえを一度にカシメられます。エンジニアのものはどちらか一方しかカシメられません。一つのコネクタピンを作るのには二回カシメる必要があります。さらに、日圧のものはレバーにラッチがついており、コネクタピンをペンチに挟んで保持したまま配線を押し込む作業に集中できます、また二か所を同時に挟みますのでピンの安定性も十分です。エンジニアのものはピンを挟んで作業台に置き、配線を準備して押し込もうとするとピンが落っこちてなくなっているなんてこともあります。

今回の購入品は、二か所のカシメを同時に行い、ラッチもついているということで機能的には日圧のものと同じ。サイズはエンジニアよりも少し大きい程度、そして価格は日圧の1/10以下、エンジニアの1/3といったところです。
さて、早速にぎにぎしてみます。ラッチが心地よいです。カシメ部分の壁面(ピンのおさえ羽根が滑って曲げられていく面)は加工跡が残っており、磨かれておりません。この辺りは上記2機種と違って安物のイメージ。


早速使ってみます。XHのピンは山ほどあります。これ以外のも多分千本以上あります(笑


作業手順は日圧のものと同じ、まず配線の端っこの被覆をこれ位剥きます。


次に、コンタクトピンをラッチを使って軽く押した状態で保持します。ラッチのおかげで歯が開くことがありませんので安定しています。
この状態で配線をピンの後ろから押し込み、銅線部分が奥までしっかりと押し込まれたことを確認してレバーを最後まで握ります。


レバーを最後まで握ると自動でラッチが外れ、完成したコンタクトが外れて....来ません。
ちょっと、いやわりと強めに引っ張ってようやく外れてくる感じ。この辺りはしかたないかな。でもカシメはしっかりとできており、全く問題ないように見えます。いいんじゃないですかね。値段を考えると驚異的なパフォーマンスと思えます。素晴らしい。
ということで、使えますよ、これ。


ただ、違和感があるところが少し。
それはレバーの握りとピンの挿入方向です。なんというか、うまく説明しにくいのですが、この手のペンチはレバーの一方をもう一方に向かって握り込む感じの構造になっており、二本のレバーの役割は対称ではありません。つまり握ったときに左右方向が決まるというか、いわゆる握りやすい向きが決まっているのです。で、その握りやすい方向に握ったときにコンタクトピンのお尻が右を向いているのです。左利き用に作ってあるように思えると言ったらわかりますかね。そこに違和感があるのです。コンタクトピンのお尻を左に向けるとレバーの可動部分を上から下へ握り込むといえばいいでしょうか、親指と人差し指の股に当てる方のレバーを動かす方向になっているといいますか、そんな感じです。

これは歯が上下逆に取り付けられているためではないかと思い、それをひっくり返そうとしたのですが、今のところうまくいっていません。下の写真のネジまでは外れますが、ブロックがビクともしません。どっちにずらすのかもよくわかりません。


が、総合的には非常に良いです。買いだと思います。
何とかしてブロックをひっくり返して、歯の壁面を磨けばエクセレントな工具になると思われます。

改めて、こちらです。安いですよね。素晴らしい。


この勢いでほかのコンタクト用のものもそろえてしまいそうです。

【祝】80万人突破

 
金曜日の夜にめでたくカウンタが80万を突破しました。
皆様のご愛顧のたまものでございます。誠にありがとうございます。

昨年秋以降急速にご訪問いただく方が増えました。
何が起きたのかはよくわからないのですが、しばらく前から急にアクセス数が増えております。それまでは一日あたり500名様くらいの訪問数だったのですが、下のグラフの立ち上がり以降は一日あたり2000名様を超えることも珍しくありません。


例えば、今この投稿を書いている日曜朝の時点で、こんな感じです。
毎日のページビューのカウンタは午前9時(0:00GMT)にリセットされます。ので昨日のところにある2251名様は土曜日の09:00~日曜日09:00の間にご訪問いただいた方の人数ということになります。凄い数です。ありがたや。

月間のページビューも6万を超えており、2か月を待たずして10万名様をお迎えするという勢いです。70万人突破が年末ぎりぎりで、本日が二月19日なので、ほぼこの数字通りに推移しております。
ということで、これを外挿しますと90万人突破は4月の上旬、そして6月には100万人を突破する見込みです。
別にカウンタを回すのが目的ではないのですが、それだけの方に見ていただいていると思うとさらに頑張らねばと思う次第であります。
もちろん頑張ろうという決意と内容のレベルは全く無関係(笑)で、比例もしません。
悪しからず。
これからもみら太な日々をどうぞご愛顧願います。